ポーランド・ドイツ旅行
●top  ●home
戦跡巡り > ポーランド・ドイツ旅行

2006/10/06〜2006/10/13
ポーランド:クラクフ歴史地区・アウシュビッツ強制収容所
ドイツ:フランクフルト観光・ニュルブルクリンクサーキット

61
●降車場の写真 new!
当時、連行された人々が貨車から降ろされ、整列させられている様子が写っています。男女別などに分けられるため、家族と引き離されてしまうことになります。
62
●「選別」の様子 new!
整列させられた人々は、軍服を着た医師によって「選別」が行われます。健康で体力のありそうな人は強制労働のため
バラックへ、そうでない人々はガス室へ送られます。その判断基準は顔色や体型など一目で決められてしまいます。
63
●選別の場所1 new!
選別を待つ人々が並ばされていた場所です。
家族と引き離され、もうすぐ自分の生死が決められてしまう人々の気持ちは想像するに余りあります。
64
●選別の場所2 new!
写真と同じゲートが残っています。25%の人々が労働力として残され、後はガス室行きか生体実験用として「選別」されます。ガス室行きを指示された人々は、流れ作業で所有物や財産は全て没収され、女性は髪を剃られ、裸にされ、ガス室へ送られます。もし自分がそんな境遇に置かれたらとおもうと・・・
65
●収容所の奥 new!
引込み線の終端と排水溝、外周の森、その手前に慰霊碑が見えます。死の門からここまで歩くだけでも相当時間がかかります。
66
●引込み線の終端 new!
奥には証拠隠滅のためSSに破壊された第三クレマトリウムの残骸も見えます。木々の向こうには収容者からの略奪品を保管する「カナダU」と呼ばれる倉庫群、第4・5クレマトリウムなどがありました。
67
●引込み線と死の門 new!
3本に分岐した引込み線のはるか向こうに死の門が見えます。いかに広いかがよくわかるとおもいます。
68
●国際慰霊碑 new!
収容された人々の出身国それぞれの言語で慰霊の碑が作られています。各国首脳が集まって慰霊式典も行われたそうです。
69
●ドイツ語? new!
の慰霊文ですかね。
どの国ものにもたくさんの花やろうそくが供えられていました。
70
●慰霊碑 new!
ローマ法王が訪れたときのものでしょうか?よくわかりませんが。
71
●第2クレマトリウム1 new!
いわゆるガス室・焼却炉の後です。
ソ連軍進行に伴って撤退するSSによって破壊されました。
ビルケナウに作られた第2〜第5までのクレマトリウムは全てこのように破壊されています。
72
●第2クレマトリウム2 new!
こちらが入り口になります。半地下構造になっており、手前が脱衣所、奥がガス室、そして焼却場です。貨車から降ろされ、「選別」されここに並ばされた人々は、不安を感じながら奥へ進むしかなかったわけです。
73
●野原・・・ new!
焼却炉のキャパがオーバーしだすと、このような人目につかない野原で死体を山積みにして焼却したそうです。
74
●脱衣所横方向 new!
屋根が崩れ落ちてます。
暗いこの中にすし詰め状態におしこまれて服を脱がされる・・・恐怖です。
希望を持たせるために、脱いだ服の場所を覚えておけと言われることもあったようです。ただのシャワーだと思わせるために・・・。
75
●ガス室跡 new!
天井に上ったSS隊員が通機構の穴からチクロンBと言われる殺鼠剤の粒を投入します。するとガス室内で気化し、呼吸機能をじわじわ奪いながら死に至らしめます。中からは絶叫とうめき声が聞こえ・・・数十分後、排気の終わった中に死体処理班が入ると、空気を求めるように少しでも上に行こうとした死体が山積み状になっていたそうです。
76
●脱衣場後 new!
こちらも屋根が崩れ落ちています。こういったものを保存していくのは大変な労力がかかりそう。
基本的にアウシュビッツは再現や人の手を加えるようなことはできるだけせず、当時のままの状態をできる限り維持することに注力するそうです。
77
●池 new!
こういった池はいくつかあって、死体を燃やした後の灰を捨てていたようです。引込み線を跨いで反対側には「死の池」とよばれる、もっとおおきなものがあります。
78
●焼却場横方向 new!
死体の回収、焼却作業など、SS隊員がやりたがらない仕事は特命労働隊(ゾンダーコマンド)と呼ばれる収容者が作業に当たりました。彼らは他の収容者より優遇されましたが、情報が漏れないように数ヶ月ごとに彼らも処分され入れ替えされていたと言います。
79
●クレマトリウムの慰霊碑 new!
各国語ごとに碑が建てられています。左から2番目が英語。
意味的には「ナチの大量殺戮の犠牲になった男女、そして子供たちのことを忘れないよう。 ここには、彼らの灰があります。 彼らの御霊が安からに眠りますように。」といった感じです。
80
●BTbブロック new!
初期のころに作られたレンガ造りの収容棟。43年までは男性用、以降は女性用として使用されました。引込み線の向こう側(木製バラック群)がBUブロック、さらにその向こうが建造中だったBVブロック(通称メキシコ)だそうです。
<<prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 next>>  ●p.ink