鹿児島旅行
●top  ●home
戦跡巡り > 鹿児島旅行

2008/03/19〜2008/03/23
門司〜北九州〜阿蘇山
知覧:富屋食堂・知覧特攻平和会館・富屋旅館
鹿児島:鶴丸城跡・石橋記念公園・桜島
鹿屋:鹿屋航空基地史料館


23
●乗馬コース
のようですが、なぜか皆さん自分の足で歩いてらっしゃいます。この先に何があるというわけでもないんですが。。。
まぁワタシもなんとなく歩いてみましたが、とりあえず寒い。
24
●かみつきます
乗りたくないよ!w
25
●阿蘇山山頂
奥に噴煙を上げる火口と右手にロープウェイが見えます。
26
●ロープウェイ乗り場
さぁ火口へ行くぞ!と突入するが・・・(汗
http://www.kyusanko.co.jp/aso/index.html
27
●運休
ガスにより全面運休。
火口への道路も閉鎖。
仕方ないのでお土産だけ購入orz
28
●フォルテス
阿蘇山からの帰り道、阿蘇健康ファームにて。
http://www.asofarmland.co.jp/
29
●鹿児島ラーメン?? new!
鹿児島市外(加治木町)で食べたラーメン。
本当は「豚とろ」という目的の店があったんですが、9時の閉店時間を過ぎてしまったため、近くにあった適当に入った店。「笑」とかいう店だったかな。普通の味噌ラーメンににんにく、野菜が多めという感じでした。正直失敗orz
30
●桜島遠景
翌日朝、知覧へ向かう途中、鹿児島湾の向こうに見える桜島。
31
●富屋食堂 new!
最初の目的地、知覧の富屋食堂に到着です。
復元され現在はホタル館として資料館になっています。
戦時中は軍の指定食堂として、特攻隊員と深いつながりのあった場所です。映画にも出てくるので知っている人もいるとは思います。
http://www.chiran.co.jp/
32
●資料館では
偶然お孫さんのお話を直接聞けました。
ツアー客に遭遇したおかげですが^^;
展示はトメさんと隊員にまつわる色々なエピソードの紹介が中心でしたが、特攻が歴史上の一出来事というだけでなく、それぞれごく普通の若者だった彼らがそうせざるを得なかった境遇を肌で感じることが出来ます。
33
●展示物
特攻隊員とのエピソードやトメさんの遺品(遺族への手紙など)などが展示されています。
34
●別館
富屋旅館の別館として、新しい建物がオープンしてるようです。基本は旅館の別館ですが、一階は展示や喫茶店をやっています。
35
●陸軍太刀洗航空廠知覧分廠 new!
調べてみると知覧城跡の本丸等地下にある横穴式の整備掩体壕が残存しているそうです。
36
●映画
「俺は君のためにこそ死にに行く」撮影時の写真やセットのようです。
37
●写真
こちらはトメさん関連の写真(複製と思いますが)のようです。
38
●小道具
こちらも映画関連の小道具などです。
40
●一式戦闘機「隼」 new!
次は知覧特攻平和館へ。
これは映画のセット用なので当然作り物ですが。。
外はいくら丁寧に作られてても、プロペラ奥のエンジンをみると、「あー」と思ってしまいます。(汗
41
●隼の説明書き
隼はともかく97式や練習機で飛び立った隊員は本当にかわいそうです。。。
それでなくても機動力で米軍機に負けてるというのに、重い爆弾つんで、沖縄までたどり着くのが如何に困難か。
42
●母親
最後に思い出すのは、やはり母親のことだそうです。
いくら遺書で「国のため」と書いてても、心中それだけでないことは想像に難くない。
43
●やすらかに
碑文
「特攻隊の若い命は再び帰らず。出撃の瞬間まで求めたであろう母の姿。この晴姿をせめて母上に一目、最後の別れと、お礼を一言。胸も張り裂けそうなその心情は、母もまた同じであったろう。今ここにたつ母の姿、とこしえに母と共に安らかに、母の暖かいみ胸で、御霊の安らからんことと世界平和を祈念して。」
<<prev 1 2 3 4 5 6 7 8 next>>  ●p.ink