テニアン・サイパン旅行(テニアン編)
●top  ●home
戦跡巡り > テニアン・サイパン旅行(テニアン編)

2008/04/29〜2008/04/30
サンホセ村(テニアン町)・スーサイドクリフ・テニアン神社・海軍無線送信所
NKK神社・日の出神社跡・潮吹き海岸・エイブル滑走路(ノースフィールド)
燃料庫・弾薬庫跡・原爆搭載地・海軍第一航空艦隊司令部
航空作戦本部、チュルビーチ、サイパンへ
⇒テニアンの戦いについてはこちら

41
●ほんとに
刑務所なんだろうか??
足がかゆいので、そろそろ撤退。
42
●製糖工場関連?
南洋興発株式会社(NKK)といって北マリアナで砂糖の生産で成功した会社の関連施設跡らしいのですが・・・。
事務所跡かな?
43
●左手にビーチが見えます
右手はホテル方面
とりあえず、ビーチへ行って見ましょう。
時間もいい具合ですし。
44
●夕方のタガビーチ
綺麗だったんですが、デジカメ写真ではなかなかうまくは撮れませんね。。
45
●慰霊碑
あたりはどんどん暗くなっていきますが、行けるだけ行って見ます。三脚で撮ってるので暗くは見えませんが、結構暗くなってきてます。
この島で玉砕した英霊に手を合わせて。
46
●遺跡と慰霊碑
左手がチャモロ人が作ったといわれるタガハウスの土台が倒れたもの、右手は慰霊碑ですね。
47
●日本人之墓
こあたりには、慰霊碑が密集しています。
こういう大きなものから、部隊ごとのもの、個人のもの、色々です。
48
●無造作に
放置してあった星型エンジンとプロペラ。日米どちらのものかは知りませんが。。
49
●とうとう
三脚立ててもこんな暗さなので、実際はほぼ真っ暗です。
にしても怪しい建物。もとが何だったのかは全く見当がつきません。
銃痕からみて当時のものではあるのでしょうが・・・。
50
●中に
入ってみましたが、何もありません。
真っ暗で何も見えませんでしたが。
結構怖い。。。
51
●51
051.jpg
52
●両軍あわせ
1万名以上の死傷者を出しています。
こんな小さな島なのに・・・。
広大な飛行場が作れるという戦略上の理由がなければ、こんな激戦地にはならなかったでしょう。
53
●テニアン守備隊
だった第29師団第50連隊(編成は岐阜)は長野県松本出身者で占められていたようです。
54
●さて
いいかげん日も落ちてきて人影も全くないような状態ですので、ホテルに戻るとします。
ちなみにこれでも中心街ですw
55
●ホテルに戻って
隣のレストランへ。
56
●ドンニみそラーメン
名物だそうで。
ドンニというのはテニアン産の唐辛子です。
味は・・・野菜たくさん入れたさっぽろ一番みそらーめんに一味を多めにかけた感じですw
57
●白身魚?
普通にうまかったそうです。
58
●翌朝
今日もいい天気です。
まずは朝飯。
59
●写真
レストラン内に飾ってあった戦前のテニアン町の写真。
まちがいなくこの島は日本だったわけですよ。
グアムと違って、侵略したわけでもなく、国連(連盟のほう)よりの正式な委任統治領でした。
60
●朝食
普通においしかった。
<<prev 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 next>>  ●p.ink